サッカークラブ

いろどりサッカークラブってどんな練習するの?

  • LINEで送る
Pocket

2020年4月から活動をスタートするいろどりサッカークラブは、選手が主役となってチームの運営やトレーニングメニューの組み立てなどもしていくサッカークラブです。

しかし、いきなり「やってみて!」と言ってもわからないことが多すぎて効率が悪くなってしまいます。それはただの放置です。
そこで、クラブが設立してからどんな流れでトレーニングを行っていくのかを詳しくお伝えしていきます。

トレーニングの流れはM(マッチ)→T(トレーニング)→M(マッチ)

将来的には、選手たちに1日のトレーニングを全て任せて自分たちでメニューを決めたりできるようにすることが目標です。そうやっていく中で、自分たちで課題や問題を見つけて修正したり自分たちの強みを伸ばすようなトレーニングを自分たちで考えて実行できる選手たちを育てるためです。

そして、トレーニングの流れはM-T-M(試合-練習-試合)の流れをベースにしていきます。

①最初に試合をする

トレーニングがはじまって最初にやるメニューは試合です。
前回のトレーニングの課題、その日に個人で立てた目標、チームで意識することを共有してから試合に臨みます。

②トレーニング&ミーテングをする

試合の振り返りをして試合をやったチームごとに、もしくは全体で練習をします。
練習の内容は振り返りをした内容からテーマを選び、出た課題をクリアするためのものかチームの良さをより発揮するためのトレーニングです。

③トレーニングやミーティングでやったことを試合で試す。

②のトレーニングをして修正したこと、ミーティングでみんなで決めたことを試すために最後にまた試合をします。
この試合でチームみんなでそして個人で意識してやることが共通認識と目的意識を持って取り組むことができます。

1日のトレーニングで完結する流れをつくる

この試合→トレーニング→試合の流れをつくることで、1日でPDCAサイクルを回すことができます。
PDCAサイクルとは、P(Plan:計画)D(Do:実行)C(Check:チェック)A(Action:改善)のことで、ビジネスなどにも活用される仕事を改善、効率化するためのものです。
これを選手たちには実行しながら学んでもらう狙いです。
まず、試合でこんなことを今日はやってみよう!と決めて試合をする

試合をやってみて修正点などを見つけて改善するためのミーティングやトレーニングをする。

その改善したところをまた試合で試す。

この流れを選手たちが課題や修正点を見つけてどうすれば修正できるか?を主体的に取り組むことで、その能力を身に付けることができます。
大人になってなにか取り組むときにも、問題解決するためにはどうするか?の考えが染みついているだけでも大きく差がつきます。

大切なのは自分たちで気づいて、行動に起こすことです。
それをサッカーを通して身につけて行きます。

技術ではなく、考え方を指導する

とはいえ、いきなり選手たちだけで練習メニューを考えたり課題を発見することは難しいので、設立してからはこの流れをコーチが主導でトレーニングをします。

そこで指導するのは、サッカーの考え方やセオリーです。

例えば2対1のトレーニングをして、ボールを持ったときに相手がボールを取りに来た時は、どうすればいいのか?味方とどう協力すればゴールできるのか?といったようなサッカーの基本的な考え方やセオリーを指導していきます。
指導の仕方も答えはなるべく教えずに子どもたちに考えさせるような問いかけを中心に行なっていきます。

問いかける指導を中心にすることで、考える習慣が身につき自分たちで課題を発見できるように成長を促します。

コーンを並べてひたすらドリブル練習やひたすら対面パスの練習などは、ほぼしません。基本的な技術などを全く教えないというわけではありませんが、いろどりサッカークラブが目指しているのは人間的成長です。

サッカーに対する、考え方やセオリーを身につけていく中でもっと上手くできるようになりたい!と思って主体的に基本的な技術も身につけたい!という気持ちが芽生えて来たときにしっかりサポートできるような体制を整えていきます。

リアリティを大切にする

練習は、試合で実践するためにあります。
そこで、試合に近い状況やシチュエーションを多く作り、リアリティを大切にします。
相手のいない練習より、相手がいる練習を
プレッシャーが全くない状態での練習より試合に近いようなプレッシャーがある練習をしていきます。
常にリアリティを求めたサッカーをしていきます。

まとめ

いろどりサッカークラブは試合に勝利する「結果」よりも、どうすれば勝てるか?そのためになにができるか?を選手たちが主体的に考えて実行する「過程」を大切にします。

チームにいるうちに上手くなりチームが強くなることよりも、将来大人になっても使える考え方や、自分や目の前の課題との向き合い方を身につけてもらうための成長ができるクラブです。
それを追い求めた結果、サッカーも上手くなってチームも強くなればいいんじゃないか?という考え方です。

サッカーを通して人間的成長を一緒にしていく選手たちを待っています!
いろどりサッカークラブ2020年1月よりプレオープンです。

  • LINEで送る

新しい教育のカタチをつくるサッカークラブで一緒にプレーしませんか?

教育の常識をスポーツの力でアップデートしていくサッカークラブが2020年春から栃木県宇都宮市でスタート!
「社会に貢献するオリジナリティあふれた人間力の育成」をミッションに掲げて
サッカーの技術だけに留まらず、学校では教えてくれないこれからの社会で活躍するための生き方をサッカーを通して学ぶことができるサッカークラブです。
選手たちがメインとなって運営していくチームなので、どんなチームになるかは、選手たち次第!
新しい教育のカタチを一緒につくっていく仲間を募集しています!

体験会に申し込む

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください