サッカークラブ

ミッションを追求するために目の前の1勝よりも10年先の未来を大切にするクラブが目指すところ

  • LINEで送る
Pocket

2020年度から中学生向けのジュニアユースのサッカークラブを作るためにただいま活動中です。
このクラブのミッションは「社会に貢献するオリジナリティあふれた人間力の育成」です。
このミッションは具体的にどういうことなのか、なぜこのミッションを掲げるのか?ということをお伝えしていきます。

いまの社会背景を整理すると・・・

いまの子どもたちが大人になった時に生き残り、活躍できる人は自分で仕事をつくることができる人です。
いまの社会背景を整理すると・・・
ここ数十年で僕たちを取り巻く社会の状況や環境は毎日、めまぐるしく変化しています。
一番大きいのは、WEBの普及じゃないかなと思います。
インターネットが普及してスマホを持つのが当たり前になってSNSが普及して、誰もが発信できるようになってそれによって職業も多様化してyoutuberなんて職業を子どもたちも夢見るようになりました。
いまの子どもたちは、その両親が経験してこなかったような時代を生きています。

これからの社会で求められるのは・・・

これからの社会では、良い大学に行って就職して終身雇用で退職金と年金で老後を暮らして・・・みたいなこれまでの「常識」はもう通用しません。
いまの企業の平均寿命は、24年だそうです。そして、転職の平均回数は4回
このデータから終身雇用、一つの企業に長く勤めることが良いことということは通用しなくります。
そして、AIが発達してこれまでの仕事のほとんどがなくなるとも言われています。
企業寿命も短くなって就職 してもその会社が潰れるリスクもあり、さらに職業の種類自体も減ってくる中で就職をするための進学や目標設定、勉強だけで良いのでしょうか?

これからの社会で活躍して貢献できる人が育つ環境をいろどりサッカークラブでは用意しいています。
それを実現するためのミッショとして
「社会に貢献するオリジナリティあふれた人間力の育成」を追求して行きます。
じゃあ具体的にどういうことなのか?を説明して行きます。 

オリジナリティあふれた人間力の育成とは?

先ほどお伝えした社会背景に加えて現代では、モノやサービス、情報も溢れかえっています。
気になることがあればすぐにスマホで調べることができて、欲しいものもスマホでポチポチすればすぐ手に入れることができます。
この中で新しいモノやサービスを世の中に出してもすぐに埋もれてしまいます。

問題を解く力ではなく、問題を作り出せる力を身につける

なにか気になることや問題点があればすぐに解決することができる時代です。
問題を解決するための答えはもう世の中にあふれていますし、問題を解決するための方法もたくさん出ています。
その中で目立って売れていくというのは、相当至難の技ですし全く新しいモノを作ることも難しいです。
問題を解決する能力はもう求められてなくて、これからは問題を作ってそれをみんなで一緒に追い求めていくことが必要とされます。

いろどりサッカークラブでは
試合で勝つ方法を教えるのではなく
どうすれば勝てるチームを作れるのか?
チームのみんなで考えていくサッカークラブです。

選手たち自身がこういった問いをどんどん立てられるようになって選手たちみんなでチームとしてそれを解決に向けて追い求めていき、成長していくチームです。

どんな問いを立ててどんな答えを導いていくか?
ここに正解はありません。
選手たちの個性や価値観、考え方をシンクロさせて答えを導いて行きます。

これこそがオリジナリティにつながります。

学校の教育だけでは育たない力が身につきます。

学校の教育では、問題を用意されていてひとつしかない答えを解いていき正解と間違いがありますが、いろどりサッカークラブでは、チームの目標に向けてどんな問題を提起してみんなでどうやって解決していくか?
そこには、教科書も正解もありません。良いも悪いもありません。
チーム全体を見て、仲間を見てどうすればもっと良くなるか?をみんなで真剣に考えられるチームです。

オリジナリティあふれた人間力とは自分たちで問題提起してそれを追い求めていくことができる選手のことです。
1人1人がこういった選手になれることを目指して追求していける環境、チーム作りをしていきます。

常に与えるという意識を持ってプレーする

いろどりサッカークラブのミッションは「社会に貢献するオリジナリティあふれた人間力の育成」です。

次に「社会に貢献する」とはどういう意味を込めているのか?をお伝えします。

貢献とは、自分のやりたいことや得意なことで社会や物事をよりよくするということです。

いろどりサッカークラブに入団した子たちが大人になって社会に貢献するような大人になることは大いに期待していますし、そうなれるようなサポートをしていくビジョンもあります。

いろどりサッカークラブで活動していく中で「社会に貢献する」を追求する本質は「与える意識を常に持つ」ことです。

先ほどもお伝えしたように、これからどんどん仕事はなくなっていくのでこれから大事なことはいかに仕事をつくることができるかです。

仕事をつくっていくうえで大切な姿勢は「与える姿勢」

先ほど説明した自分で問題をつくりだしてそれを追い求めていくことがこれからは仕事にすることもできます。

仕事をつくっていくうえで大切なことは、「価値を与える」「喜びを与える」という与える姿勢がとても大切です。
いまの学校の教育は、先ほども言いましたが用意された問題を解いてひとつしかない答えを出していく受け身スタイルです。
この教育を受け続けていては、仕事を自分でつくり発信して相手に価値を与えるという姿勢は身につきません。

いろどりサッカークラブが目指すサッカー

そこで、いろどりサッカークラブではフォーメーションや戦術なども選手たちに決めていってもらうのですが、目指すサッカーだけ共通認識として持ってもらうことがあります。

それは、「観ている人に感動を与えるクリエイティブなサッカー」です。
プレーするときに観ている人に感動を与えることをトレーニングから常に意識して取り組んでもらいます。
サッカーの試合をするときに自分のこと、チームのことや相手のことを考えることできると思いますが、観ている人の感情を揺さぶるようなプレーをするというところまでは考えている人は少ないはずです。

観ている人に感動を与える意識を常に持たせることで社会に出たときに相手に価値を与える姿勢を常に持たせる狙いです。

どうやって感動を与えて行くか?
どうやったら観ている人は感動してくれるのか?
もちろん選手たち自身で考えてアイデアを出して実行して修正を繰り返していきます。

勝つことももちろん大事ですが、それと同じくらい与える姿勢を常に持って感動を届けるサッカーを目指していきます。

目先の1勝よりも10年先の未来を大切に

「社会に貢献するオリジナリティあふれた人間力の育成」というミッションを追求していくためには、選手たちの目先の1勝よりも10年先の未来を常に大切にして活動していく必要があります。
社会に出る前にたくさん挑戦できてたくさん経験ができる学生のときに、サッカーを通して大人になったときに自分本来の力を発揮できるような準備ができるサッカークラブが2020年春からスタートします。

10月4日から宇都宮市にて説明会をスタートします。
11月からも月に1〜2回ぐらいのペースで行なっていく予定です。
11月からは、体験練習会も実施して行く予定です。

10月説明会日程

4日(金)18:00~19:30
5日(土)18:00~19:30
11日(金)18:00~19:30
会場は雀宮にある子育て広場の
ここからいふ広場
宇都宮市雀の宮4-26-52
駐車場あり
JR雀宮駅から徒歩8分
参加費無料

参加ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入の上お申込みください。

現在の学年 (必須)
  小6中1

現在プレーしているポジション(必須)
  GKDFMFFW

  • LINEで送る

子どもたちがイキイキとサッカーができる環境を一緒に創りませんか?

2020年春より栃木県宇都宮市にて「社会に貢献するオリジナリティーあふれた人間力の育成」を目的とした選手が主役となってチームの運営をするボトムアップ型のサッカークラブを設立します。

サッカーを通して学校では教えてくれない「生き方」を学ぶことができるサッカークラブです。

現在、設立に向けてクラウドファンディングに挑戦中です!
このサッカークラブを一緒に設立していく気持ちで応援していただける方、
子どもたちが自ら考えて行動し、イキイキとスポーツができて成長できる環境を一緒に創りませんか?

サッカークラブ設立を応援する!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください