ライントレーニング

【ライントレーニング体験会】開催レポート

  • LINEで送る
Pocket

6月23日(土)にいろどりスポーツクラブ初の活動となる
ライントレーニング体験会を開催しましたのでその様子をアップします。
この日は年長から5年生まで9人の子どもたちが参加してくれました。
内容はライントレーニングの基本的なインとアウトのステップからスタート!インとアウトのステップはこんな感じです。

簡単そうに見えますが、最初は参加した子どもたち苦戦してました!
普段重心を左右どちらかに移動するときに片足で移動することは、
なかなかないですよね?
重心を右に移動するなら右足、左に移動するなら左足を使うところを片足でジャンプしながら重心を移動するので普段の生活の中ではほとんどやらない動きです。
人は生まれてからやったことのある動きしかうまく表現できません。
いままでしたことない動きをやってみてと言われてもすぐにはできるようになりません。体験会の様子(動画)

ライントレーニングではあらゆる多彩な動きができるように様々な動きをトレーニングして脳内の自分の身体の動きのライブラリーを増やして行くことができます。
どんなスポーツにも共通して言えるのは自分の身体を動かしてプレイするということですので・・・身体の動きのコントロールを自由自在にしていこう!ということです。

子どもたちと一緒に保護者の方も自由に参加して体験していただきました!
保護者の方たちもなかなか苦戦してましたが、楽しそうにやってくれていました!
子どもがどんなことに取り組んでいるのか、自ら体験して理解していただけたかと思います。

体験会では、できないかもしれないけどチャレンジしてできるようになっていく過程を楽しもう!と参加してくれた子どもたちには伝えました。

最初は「え?わかんない・・・」とか言いながらやっていた子たちも真剣にどんどんチャレンジしてできるようになっていってました!まだみんな初めてだから控えめだったけどその時のどや顔を見るのがたまらないんですね!笑
そんな姿を見ることができるのがコーチとしてもとてもやりがいのあるトレーニングです。

ライントレーニングのコーチングで大切にしていること

ライントレーニングのコーチングでは教えすぎないことが大切です。
選手自身が考えて「次のジャンプをするときに右足は?」とか「着地したら次の足は?」とか自分で試行錯誤していけばどこかで必ず「あー!こうだー!」とできるようになっていくのが自分でも実感できますし、その方がより自分の動きとしても身につけることができます。
コーチが先回りして「違うよ!そこはこうだろ!」と言いすぎてしまうと【選手が自分で考えながらトレーニングする】、【自分で気付く】という機会を奪ってしまうことになります。

これはサッカーやバスケなど球技もそうですし多くのスポーツをプレイするうえでも、とても大切だしできるようになるとそのスポーツが一段と楽しくなってくるところですよね??
それができるようになるためのトレーニングをコーチがその機会を奪わないように気を付けいていきたいですよね。

参加された方たちの感想

そんなスポーツのなかでも大事な要素も取り入れられているライントレーニングの体験会を今回無事に開催できて、しかも初めてなのに9人も参加していただいて本当に感謝でいっぱいです。
参加していただきました皆さまありがとうございました。
参加していただいた子どもたちからは
「たのしかった!またやりたい!」
「難しいからこそできるようになったら楽しい!」
といった感想をもらいました。
また保護者の方からは
「頭を使うトレーニングにはとても興味があります。」
「体を自由に動かす、難しさがわかりました。はじめは全くできなかったけど少しずつできるようになり、練習すればできるように思えました。」
などといった感想をいただきました。

今後の体験会のご案内

今後、体験会は月に1回のペースでやっていく予定ですので
多くの方のご参加お待ちしております。
次回の体験会は7月29日(日)10:00~です!
会場はラクオーレ雀宮店内のスタジオで行います。
参加ご希望の方は下記フォームよりお申込みください。

【体験会詳細】

日時:2018年 7月29日(日)
10:00~11:00
場所:ラクオーレ雀宮店内スタジオ
(宇都宮市さつき2-5-3)
参加費:500円
持ち物:動きやすい服装、飲み物、汗拭きタオル
室内シューズ(お持ちでない方は洗濯済みのきれいな外履き)
定員:10名

お子様の学年(必須)

  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください